ホットフラッシュってどんな症状?

更年期の代表的な症状、ホットフラッシュ。
ホットフラッシュという言葉からは、なんとなく「暑くなるのかな?」「突然ほてったりする?」といったイメージがわいてきますよね。

 

しかし、人によってホットフラッシュのあらわれ方や強さは違うもの。
ここでは、ホットフラッシュの原因と、具体的な症状や頻度、特徴についてお伝えしましょう。

 

ホットフラッシュ、私の場合。

まず、ホットフラッシュの症状の例を見てみましょう。

  • 暑さや寒さ、恥ずかしいなどの気持ちとは全く無関係に、スイッチが入ったように急に暑くなり、滝のように汗が流れ落ちてくる
  • 下半身は冷えているのに上半身だけがカーッとほてり、顔、腕、背中など、あらゆるところの毛穴という毛穴から汗が噴き出て目が覚める
  • 寝ている時、足先は冷たいのに、背中の上の部分だけが熱くなり、目が覚めた途端に一気に汗がドッと出る
  • 通勤で10分ほど歩いただけで、首の後ろや顔から滴り落ちるほど汗をかき、まるでシャワーを浴びたようになる

 

このように、ホットフラッシュのあらわれ方は人によって違いますが、

  • 急に暑くなる
  • 大量の汗が噴き出る
  • 下半身は冷たいのに、上半身だけが暑い
  • 寝ている間に起こることが多い

という特徴があるようです。

 

ホットフラッシュの原因

更年期の症状の主な原因は、ホルモンバランスの乱れ。
加齢とともに、卵巣から分泌される女性ホルモン・エストロゲンが減ると、脳の下垂体から「ホルモンを出しなさい」という指令がどんどん送られます。
しかし、卵巣は若い頃のようにホルモンを分泌することができません。
そのアンバランスが原因で自律神経がうまくはたらけなくなり、ホットフラッシュの症状が出てくるのです。

 

そして、漢方の視点から考えると、下半身の冷えもホットフラッシュの原因。
腰から下が冷たくなり、血行が悪くなると、行き場を失った血液や熱が上半身へと昇り、急なのぼせやほてりといった症状を引き起こすと言われています。

 

ホットフラッシュはいつ、どのように起こる?

急に暑くなって、大量の汗をかくホットフラッシュ。
その症状は突然あらわれることが多いのですが、中には、

  • 頭がずーんと重くなったり、圧迫されるように感じたりする
  • 体が外側から締め付けられるように苦しくなる

といった前兆のようなものがある人もいるようです。

 

また、ホットフラッシュの頻度や持続時間も、

  • 1日に5〜7回、30分〜1時間おきに繰り返す
  • 週に2〜3回程度、5分間ほどほてりが続く
  • 始まって1分ほどで我慢できないほどの暑さや発汗になり、数分でおさまる
  • 軽いのぼせのような症状が30分ほど続く

といったように、人それぞれ。

 

こうした症状が我慢できないほど強くあらわれたり、長く続いたりすると、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

ホットフラッシュ症状におすすめしたいサプリメント

高麗人参サプリ高麗美人

下半身の冷えや血流の悪化が原因のひとつと考えられる、ホットフラッシュ。
漢方の世界で最もよく知られている高麗人参には、この「冷え」や「血のめぐり」を改善する作用があります。

 

ていねい通販の「高麗美人」は、高麗人参を贅沢に使ったサプリメント。
それほど身近ではない高麗人参が手軽に摂れるということで、更年期の症状に悩む女性から多くの支持を集めています。

 

滋養強壮の効果もあり、更年期世代の「だるさ」「疲労感」にもおすすめ。
30日間の返金保証付きですので、まずはお気軽にお試ししてみてはいかがでしょうか。

価格 通常3,024円 定期購入で2,570円(税込)
内容量 1日2粒・31日分

>> 高麗美人はこちらから購入できます

関連ページ

ホットフラッシュで夜中に目が覚める!どうしたらいい?
ホットフラッシュは日中だけでなく夜中に起こることもしばしば。この不快感を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。対策をご紹介します。
ホットフラッシュの対処法
いつどこで起こるかわからないホットフラッシュ。起こってしまったときの対処法から、根本的になおす治療法まで、しっかりご紹介します。